胸部

スポンサードリンク

data-ad-client="ca-pub-6859136301290729"
data-ad-slot="4670266247"
data-ad-format="auto">


前面から見た胸部、肩甲骨、鎖骨

 

胸鎖関節は胸骨頸切痕のすぐ外側にあ。
鎖骨は胸骨柄の部分よりわずかに上方にあり関節自体はとっても浅い。

 

鎖骨は普段は胸骨への情報に協賛人体や鎖骨間人体によってその位置が保たれている。
鎖骨の脱臼は通常内上方へ転移を示すことが多い。

 

鎖骨の最も凹んだ部分が烏口突起である。
大胸筋の下にあり深い。

 

肩鎖関節

 

鎖骨はその外側3分の1より平らになり始めるか鎖骨の丸い輪郭はて失われることは無い。
肩峰の上に少し突き出ている鎖骨の端からは内側方向へ押さえつけられることで肩鎖関節は触診できる。
また肩甲骨の運動によって肩鎖関節も動く。
患者に肩関節の回旋をさせれば指先に関節の上に感じることができる。

 

肩鎖関節が変形性関節症や脱臼があれば軋轢音を伴って触診される。
肩峰は角張った角ばっている方関節の頂点をつくり肩関節全体の輪郭の目安となる。

 

 

肩甲骨


肩甲骨 

 

逆三角形の大きい扁平骨
脊柱の左右両足にあ第二肋骨から第八肋骨の高さにわたってある。

 

背側面には水平に走る大きな突起、肩甲棘がある。
外側端は太くなって肩峰となる。

 

肩甲骨の上外側の角には浅く広い関節窩があって上腕骨と肩関節を作る。
肩甲骨の前面は肋骨面という。

 

 

 

 

 

関節窩の上方は烏口突起がある。

上腕骨

 

上腕骨は上腕にあるにある円柱状の長い骨です。
上肢骨のうちで最大のものであります。
上腕骨の上端には上内方に向かう頭を出します。
これと肩甲骨の関節窩で肩関節を作ります。
これを球関節といいます。

 

全身の関節のうちで最も運動性のある関節です。

 

 

肩甲骨・肩関節と棘上筋/腱板

 

腱板は4つの筋で構成されている。
3つは上腕骨の大結節付着部で触診できる。
その3つの金は棘上筋、棘下筋、小円筋である。

 

英語の綴りにて上から縦にSITマッスルと呼ばれる。

 

4番目の筋である肩甲下筋は前方の位置にあり触診できない。

 

SITマッスルは肩峰近くでひと塊になり触診できる。

スポンサードリンク